転職のための自己分析の方法

もしも転職を考えているならば、
まずすべきことは、経歴の棚卸しである自己分析です。

これまでの自分を整理する自己分析を行うことで、
どうして転職活動に役立てることができるものなのでしょうか。

なぜ転職活動に自己分析が必要なのか?

社会人として仕事を通じて経験したことや、
業界や職種についての知識などは自己分析によって見つめ直すことが必要です。

社会に出て働くに当たっては、自分に適した職種が一体何なのか、
よくわからないという方もいます。

しっかりと自己分析をして自分を理解すると、
面接で相手に自分を理解してもらうことができます。

今日初めて会う人に、
自分は役立つ人間だということを伝えることが、面接の命題です。

自己分析を面接に生かすには

採用担当者に向けて、自分は求人に記載されていた仕事の内容が
こなせる人材であることを、理解してもらうことが大事です。

自己分析の結果を用いて、採用担当者に自分のことを説明することになります。

できることを過去の仕事内容だけに絞り込んでしまって、
自分の力をうまく表現できない転職希望者が多くいます。

面接での自己PRをスムーズにするために、自分がやってきた仕事は、
自分のどんな能力が作り出してきたものなのかをまとめておきましょう。

仕事上の失敗を分析して、なぜ失敗したのか、
成功するためにはどうすれば良かったのか、
どのようなことを学んだのかなどを分析していくことが大切です。

きちんと自己分析をすることで、転職がしやすくなることでしょう。