転職のための自己分析の内容

自己分析をきちんとしておくと、転職活動がうまくいきます。
どんな自己分析をしておくと、転職活動に役に立てることができるのでしょう。

自己分析とは?

自己分析とは自分自身を見つめ直し、整理する作業のことです。

細かな方法は様々ですが、どのような自己分析を行うかは、大筋で同じものがあります。
はじめに、これまでのキャリアの棚卸しといって、
自分の強みや新たな可能性を見つけ出す作業をしましょう。

どんなことができて、どんなことができないかという情報を整えていきます。
これらのステップを踏むことで、自分にどういった能力があるかが見えてきます。

自己分析に欠かせないポイントとは

どうして転職を希望しているのか、どんな仕事をしたいのかも、
自己分析では欠かせないポイントです。
できること、やりたいこと、好きなことを分けて考えて、
接点を見つけていくのも転職にとっては不可欠なプロセスです。

自己分析を行うことで、転職先の企業に求めるものは
給料なのか、勤務日数なのか、仕事内容なのかも見えてきます。
細かい部分まで見つめ直すことで、働きたい会社のイメージが固まり、転職活動の役に立つでしょう。

満足のいく転職をしたいのであれば、まずは自己の市場価値をしっかり知ることが重要になります。